担保は必要?借入時に必要なもの

担保は必要?借入時に必要なもの

どうしてもお金を借り入れる必要が生じたとき、担保は必要なのでしょうか?できれば「無担保」、「無保証人」で借入できたら、簡単だし気が楽ですね。ここで、「担保」とは何か?について説明します。

 

「担保」とは?

 

広い意味では、「あらかじめ予測出来る範囲内で、将来生じうる損害に対し一定の?補をする事,またはそのためのもの」を言います。通常は、特定の債権につき債務不履行に備えてその経済的価値を確保する事、またはそのための手段を指します。

 

「フリーローン」について

一般に「無担保型ローン」を「フリーローン」と呼びます。

 

申し込める金額は「10万円〜300万円」と、その貸付金額には各社違いがありますが、基本的に「無担保」で借りられます。但し、申込金額が大きくなると「収入証明書」を要求されるところもあります。

 

「有担保ローン」と「無担保ローン」の違い

一般に「無担保ローン」の場合、その資金使途に制限はありませんが、「有担保ローン」と比べて、

 

「金利が高い」
「融資限度額が小さい」
「最長返済期間が短い」

 

といった特徴があります。

 

当然ですが、例えば「車を購入する場合」は、「自動車ローン」を申し込む事になりますが、貴方の車の車検証上には、所有者として「貸金業者の名義」が記載される事になりますから「有担保ローン」と言う事になります。もし、貴方が車を購入する場合、「車検証上」に所有権者(貸金業者)の名義を記載されたくないと思えば、資金使途自由な「無担保ローン」でお金を借りて、車を購入すれば良いと言う事になります。

 

無担保は危険?

 

「無担保である」と言う事は、裏を返すと、お金を貸す側からしてみれば、もしかしたら貸したお金を返してもらえないかも知れないという非常に危険を伴う貸付となるため、借入限度額の抑制や貸し出し金利を高めに設定するなど、利用者側にとってみれば「不利な貸付条件」を提示される事が多いです。

 

また、万が一返済が滞った場合などには担保がある場合よりも早く、一括弁済を求められたりする傾向にあると言えます。無担保で借りる場合には、特に返済の遅延や、その金利に留意した方が良いでしょう。